« 7歳の誕生日・・・たろう | トップページ | ごめんね、「ドル」 »

爆弾を抱えた「ドル」

今年の那須高原は、春が遅いです。

桜どころか、梅がやっと咲き始めた今日この頃ですが、
けれども、春の足音は、確実に近づいているようで・・・
こんな、花が咲き始めましたヨ。

植えて10年近くなって、やっと初めて咲いた「やしお」から、ご覧下さい。

Blog2017412

犬達も、春を感じているかな?

Blog2017412dsc03625

「モカ」も、一緒に、お散歩したかったネ。
 


さて、本題に入ります・・・。
  

先月、軽度とは言え、「僧帽弁閉鎖不全症」と診断され、心臓の薬を服用し始めた「ドル」ですが、詳しく心臓の血流を見るため、再度エコー検査をしました。

ついでに、腎臓のまわりの、あの得体の知れないモノ、
それから、胆泥の具合も一緒に診ていただくことにしました。

結果、どれも、あまり良い結果ではありませんでした。

胆泥は増えていましたし、
腎臓には、なにかしら「しこり」の様なモノが認められました。

そして、心臓は、左心房の血流がよどんでいるところの血が、塊の様に見えました。

それは・・・今後、拍動により、それが血液とともに運ばれると、どこかに血栓となり得る・・・つまり、大変な爆弾を抱えていると言うことです。

Blog2017412dsc03643


「ドル」は、16歳と9ヶ月。

人で言うと、80代のおじいちゃんです。

症状はなくとも、よく検査すると、痛んだところが、色々出てきて当たり前の様な気もしますが・・・高齢が故に、治療方法も絞られてきますので、せめて、早期発見し・・・それが対処できるものならば、早期に対処したいと思いました。

それで、今回の検査結果を踏まえて、今後の事ですが・・・

胆泥は、胆管につまらない事を願い、

腎臓の「しこり」は・・・
もう少し突き詰めて調べたい所ですが・・・
その検査方法は、穿刺となり、それ自体がリスクが高いですし・・・

もし、悪性腫瘍だとしたら、腎臓摘出になり、その手術は、却って命を縮めかねないので・・・手術はしないと決めています。
と言う事で、しばらく様子を見る事としました。

そして、問題の心臓ですが、エコーでこそ血液の逆流がみられましたが、他の症状などはほとんど見られなく・・・
心臓病の評価としてのグレードとかステージは、軽い方で・・・
でも、この軽さで、「血栓症」があることは、先生も見たことがなく、非常にまれだそうです。

まれだとは言え、この厳しい状況は・・・辛いけど、現実です。

それで、この左心房に存在する「血の塊」を何とかしなければ・・・と思い・・・これを、即座に溶かしたいところですが、積極的に溶かすと、塊のまま剥がれてしまう危険性があるので、徐々に溶かさねばなりません。

それで、今までの心臓の薬を少し変え、サプリを追加しました。

ふたたび言いますが・・・現在、16歳9ヶ月の「ドル」。
今は、とっても元気に過ごしています。

この調子で、「モカ」の分も含めて、20歳までは生きるつもり!

けれども、いつ爆発するかわからない爆弾を抱えているとなると、明日の保証はありません。

薬の効果を期待しつつ、日々を大切にし、質の良い生き方を全うさせてあげたいと思っています。

   ______________________________________________________ 
   
↓↓↓にほんブログ村に参加しています。
この記事が面白かったら、クリックしてね。!

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  

|

« 7歳の誕生日・・・たろう | トップページ | ごめんね、「ドル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7歳の誕生日・・・たろう | トップページ | ごめんね、「ドル」 »