天国の「さくら」に、想いをはせる (17) 晩年

晩年の「さくら」は、白髪こそ増えましたが、とても元気に過ごしていました。
しかし、さすがに、寄る年波には逆らえず、耳が遠くなり、目もかすんできたようでしたが。 

Bulog2013718a20126
 


耳が遠くなると言う事は・・・例えば、こんな事。

ドッグランにしている庭から、家に引き上げるとき、私は、「ハウスよ~」と、犬達に声をかけます。

庭から室内に入るには、通路を通って、家の扉の入り口で足を洗います。
 
指示を出すと、大概みんな、我先にと、入り口に向かって通路を走ります。
特に、「さくら」は、今までは、一番に走って戻っていました。

何故なら、「さくら」は、私の指示が理解できる事が、すごく嬉しい子だったからです。

が、耳が聞こえにくくなったこの頃からは・・・
私は、てっきり皆、入り口まで来ているものと思って、1匹ずつ、犬の足を洗っていると、
庭から、「さくら」の吠え声が聞こえる・・・
と、言う事が何度かありました。

たぶん、「さくら」は、私の指示を聞き逃し、他の子達の行動にも気づかす・・・ふと、当たりを見回すと、誰もいなかった・・・それで、寂しくなって吠えていたんだと思います。 
 
 
また、「さくら」はアイコンタクトがよく取れる子でしたので、カメラを向けて、名前を呼ぶと、カメラ視線の「さくら」が容易に撮れていました。

でも、耳が聞こえにくいと言う事は、名前を呼んでも、見てくれません。
カメラ目線・・・撮れなくなりました・・・。


耳が聞こえないと言う事は・・・そんな不自由が。
 
でも、少しだけ良い事も。
だって、周りの雑音に悩まされなくなり、熟睡ができる・・・その様子には、癒やされていましたヨ。 confident

  

左2枚は・・・
私が呼んでも、聞こえない「さくら」。
以前なら、ここで顔をあげるのですが・・・。

右2枚は・・・
集合写真を撮った後、「ヨシ!」と解除した直後です。
声と同時に、飛び降りる犬達。
けれども、聞こえない「さくら」は、みんなの様子で解除を判断します。
ですから、一歩出遅れていました。

Bulog2013718a2012613
 
 

目は、と、言えば・・・
だいぶん、かすんでいるようですが、耳よりは健在で、まだ、見えています。

私が気を引こうと、オーバーアクションをすると・・・
・・・アハッ、ちょおっとオーバー過ぎた?coldsweats01
驚いた風な、こんな顔で、見上げてくれました。

Bulog2013718a2012716
 


相変わらず、水遊びは、好きでしたよね。
天然、人工に限らずに、ネ。
 wink

Bulog2013718a20127


          Bulog2013718a201283

 
 
庭を走る「さくら」。
「さくドンのお庭ヨ。いっぱい走れ~。」

Bulog2013718a2012826
 
 
 
それから・・・
また、子や孫達が遊びに来て下さいました。
 
遠く、高知や前橋、神奈川県や茨城県や福島県からも・・・。
 
みんな、「さくらバーちゃんは、元気だネ~」と、安心してくださったていたのに・・・。

Bulog2013718a2012922


          Bulog2013719a2012923


Bulog2013719a2012113
 


そして、年が明け、2013年。

Bulog2013719a20131


お正月には、うっすらと、雪が降りました

Bulog2013719a201314d391


そして、1月6日。
「さくら」は、14回めのお誕生日を迎えました。
それは、「さくら」最後のお誕生日となりました。

 
「さくら」、14才、おめでとう!
まだまだ・・・
来年も再来年もこの日が来て
赤いちゃんちゃんこと烏帽子を着ることができると思っていたのに・・・。

Bulog2013719a201316


1月中旬。
このシーズンで、一番沢山降った時かな?
「さくら」はホント、寒さはへっちゃらでしたよネ。

Bulog2013719a2013116

そして、早春。
雪がとけてくると、
それまで雪の下にあった昨年秋の落ち葉が、コートにくっつきます。
でも、そんなこと、「さくら」は、ちっともかまわないのよネ。
 coldsweats01

Bulog2013719a2013226
 
 
 

「さくら」が、どれほど、小川が好きだったか・・・こんな所に、証拠の写真がありました。
 
このフェンスの向こうに、小川が流れていて、その間に、扉があります。

「さくら」は、庭に出してあげると、一番に駆けつけて、「扉を開けて!」と、せがんでいました。
私が近づくと、「早く!早く!」と言わんばかりに、ピョンピョン跳ねて喜び、今か今かと待ちわびていましたよネ。

Bulog2013719a201339

「さくら」が居なくなった今、こんなにもは、喜んで小川に行きたがる子がいないせいか・・・この扉は、期待の扉ではなくなりました・・・。
 
 
 
4月 ↓ 
・・・これは、亡くなる1ヶ月前の「さくら」です。

Bulog2013719a201343
  
 
2013年5月7日、「さくら」との永訣は・・・
その日、「さくら」は、苦しむこともなく、あっけなく、
でも、私達夫婦で、看取ってあげることができた、突然のお別れでした。
  
 
 
そして、これは、亡くなる数日前の、
最後の「さくら」の写真です。

太陽下で順光でカメラを構えましたので・・・まぶしくて・・・
それに、白内障もありますから尚の事。
でも、頑張って目を開けようとしていましたネ。

あなたは、これが最後とわかっていたのでしょうか?
だから、精一杯頑張って、私に応えてくれたのでしょうか?

Bulog2013719a201351

そして、これが一番お終いの1枚です。

Bulog2013719a201351d456

カメラには、それ以降、あなたの姿はありません。


でも、私の脳裏には、
八重桜の花ビラや、お庭の小花に囲まれて、
それはそれは、健やかに眠っている・・・
まるで、今にも起き出して、尻尾を振り回しそうな・・・
そんな、あなたの姿が最後なんです。

14才4ヶ月の「さくら」は、
若者とは違った美しさ、
また、病気と闘って勝ち続けた強い美しさ・・・、
わたしは、
そんな美しいあなたの、安らかに眠ったような姿を最後として、お別れしました。

 
 
そして、今、「さくら」は、大好きだったあの川の近くで、永眠しています。


それでネ、「さくら」や、
「さくら」は、この夏、何度も私達に会いに来ているでしょ?

ホタルが、ネ、
昨夜もネ、
数匹、ゆっくりと、フンワリと、輝きながら飛んでいましたヨ。
あなたが大好きだった小川や庭や、デッキの辺りを、ネ。

          **********

明るくて素直で、表情が豊かで、いつも笑っていた「さくら」や、
私は、あなたのおかげで、どんなに楽しく、ほのぼのとした14年間だった事でしょう。
 
もっともっと、望みたかったけど・・・
 
いいえ、あなたは、大病を抱えながらも、14年も、
私と一緒に居る為、頑張っていてくれたのヨね?
もしかして、あなたも、私と、離れたくなかった?
 
ああ、「さくら」や、
あなたは、私にそれを伝えたくてやって来た・・・
その事の大切さを伝えるためにやって来た、天使だったのかな?

あなたに会えてありがとう。
心から感謝しています。
どうか・・・この気持ち、どうかどうか、天まで届け!

それから、「さくら」と一緒に遊んで下さった人々や犬達の皆様、
みんなみんな、ありがとうございました。
「さくら」と一緒に、心より、深く深くお礼を申し上げます。

          
   ______________________________________________________ 
   
↓↓↓にほんブログ村に参加しています。
この記事が面白かったら、クリックしてね。!

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  
   ______________________________________________________

「あおい」ベビー, 「那須乃」, 「那須乃」ベビー, きゅう君, たろう君, まる子→まるリンちゃん, アンビシャス→ナナちゃん, ダイゴ→ダイゴ君, ダリアちゃん, 叔母「ゆり」, 叔母「モカ」, 大志→大介君, 抹茶ちゃん, 母「あおい」, 父「ドル」, 祖母「さくら」, 銀くん | | コメント (0)

天国の「さくら」に、想いをはせる (12)

Bulog201372a2009126
   

「さくら」10才。
今見ても、大病を抱えていたとは思えない・・・走り。
笑顔。

Bulog201372a2009112

          Bulog201373aa2009219dsc
 
「さくら」が爆走する時は、体をグッと低く沈めます。
そして、カーブを変える度、その手前を変え、その方向へ体を傾けます。
 
大地を踏みしめながら、風を切って走る「さくら」は・・・
それはそれは、走ることが楽しくて、誇らしくて・・・
生きている事が、とても気持ちよさそうでしたよね。

Bulog201373a2009213dsc0

実は、この時期、獣医さんからは、激しい運動は避けるように言われていました。
心臓病は、突然倒れることがあるからだそうです。

突然倒れるから、運動を規制するか・・・
それとも、
突然倒れるけど、自由にするか・・・

規制・・・こんなに走りたいのに、私に、その権利があるのか?
自由・・・つまり、「さくら」自身に任せると言う事は、私の責任の放棄か?
いいえ、どちらにしろ、私の言いのがれ?

 
確かな事は、「さくら」の命は「さくら」のもの・・・と、言う事。

 
ああ、
「さくら」や、
私は、何と言われてもかまわない。
 
だから・・・
寿命を削ることになったとしても・・・あなたのしたい事をしてごらん。

Bulog201372a2009126dsc0

と、思いつつも・・・、
ハラハラ、ドキドキしながら・・・
 
でも、その姿に、心あたたかくしながらも、
あなたを、見守っていましたヨ。

 
          **********
 
家にいるときも、あなたは、よく、デッキから外を見ていましたネ。
お外、大好きなのよネ。
 (*^_^*)

Bulog201372a2009125
 
          **********
 
さて、3月になって、北海道の子供(そら君・グラちゃん)や孫(アイちゃん)達が遊びに来てくれました。
 
それを機会に、
近県の子供(抹茶ちゃん)や孫達(きゅう君・ダイゴ君・大介君・まるリンちゃん)も集まって、
賑やかなオフ会になりました。

Bulog201373a200936d

          Bulog201373a200936e


「ダイゴや~」「おばあちゃ~~ん」
走り寄る二人は、感動の再会!
かと、思うと、そのままスルーする「さくら」 coldsweats02

向かって右から左に走る「さくら」です。
洋服を着ている子がダイゴ君です。

Bulog201373a200936c

で、行った先は・・・
お出でになった方に、ご挨拶 heart01

Bulog201373a200936a

          次の人にも、ご挨拶 heart02

          Bulog201373a200936b

またまた、ご挨拶 heart04
まったく、礼儀正しいったら、ありゃしない。 coldsweats01

Bulog201373a200936
 
 
「さくら」や、
こうして、皆様をお迎えできてよかったネ。
 
それで、大病にも負けないで10才を迎える事ができたお祝いに、赤いちゃんちゃんこと烏帽子を持ってきて下さり、それを着て、記念写真を撮ることができました。

Dsc03821
 
 
皆様の応援もあって、「さくら」は、その後、うまく病気と付き合いながら、あと4回お誕生日を迎えることができました。


   ______________________________________________________ 
   
↓↓↓にほんブログ村に参加しています。
この記事が面白かったら、クリックしてね。!

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  
   ______________________________________________________

「あおい」ベビー, 「那須乃」, 「那須乃」ベビー, きゅう君, そら君, まる子→まるリンちゃん, オフ会, グラちゃん, ダイゴ→ダイゴ君, ピリカ→愛夢ちゃん=アイちゃん, 叔母「ゆり」, 叔母「モカ」, 大志→大介君, 巣立った子犬, 抹茶ちゃん, 母「あおい」, 父「ドル」, 祖母「さくら」 | | コメント (0)