ダイゴ君の門出。そして・・・。

昨日は、きゅう君・・・そして、今日は「ダイゴ」君の門出でした。
2匹とも、待ちわびられた新しいご家族に、大切に引き取られて、行きました。

W20070519dsc03440 W20070519dsc03457 W20070519dsc03470


  *今日の体重*  生後14週間と3日
第3子:ダイゴ君  2450g (昨日比:+70g)


    *******************************

こうして、2月7日に産まれてた3匹の仔犬たちは、それぞれ、元気に、巣立っていきました。
寂しいけれど・・・どうか3匹とも、末永く、幸せに暮らしてネ。
新しい飼い主様、どうかよろしくお願いします。

ところで、偶然にも、このたびの新しい飼い主さんは、3人とも、HPやブログを公開しています。
それで、皆様も、今後の子犬達とは、引き続き、以下のHPやブログで、会ってください。

第1子 「ウタリ」→きゅう君 「ようこそ、ぴー&きゅうのお笑い屋敷へ」

第2子 「ピリカ」→愛夢(アイム)ちゃん 「夢みるパピヨン 膨夢と愛夢!」

第3子 「ダイゴ」→ダイゴ君 「ぽぽちの散歩道」

    *******************************

さて、仔犬たちの誕生を機に、約3ヵ月半、たくさんの方々にご覧いただきました~すくすく仔犬~のブログですが・・・仔犬たちは、ブログのタイトルの願いどおり、元気に健やかに育ちました。
そして、この子犬たちは、今、私の手から離れてしまいましたので・・・このブログは、ここで閉じさせていただきたいと思います。

実は、ブログをやってみることは、以前から、何度も、友人などからすすめられていたのですが・・・何しろ、怠け者のの私のこと、とても続ける自信がなく・・・つまり、ブログは「夢」だったのですが・・・こうして、まがりなりにも続けられたのは、たくさんの皆様のご来訪と、日々変化する仔犬たちのおかげと、感謝しています。
とても、短いブログでしたが、皆様、本当に、ご愛顧、ありがとうございました。
仔犬たちも、メいっぱい楽しくしてくれて、ありがとうネ。

この、短かったけれども長かったような・・・数ヶ月前の仔犬誕生から今に至るを、あえて表現するなら・・・飛び越えられるほどだった小川が、渓谷の瀬をはやみ、今、大河をゆったりとすすむ・・・そんな感じです。
我が家の雰囲気は、急にゆっくりした時間に戻りました。

このブログでは、皆様とは、もうお別れですが、これからの「ドル&ゆり」をはじめとする我が家の5パピの事は、「パピヨンのしあわせ」のHPで、また、ぼつぼつご報告したいと思いますので、上記、子パピの3HPとともに、是非そちらで再会しましょうネ。 (^^)/~~~

|

記念写真

今日の夕方、アイちゃんは、北海道へ、巣立って行きます。
家族の記念写真を撮りました。

W20070428dsc02940_1W20070428dsc02969








W20070428dsc02952

  *今日の体重*  生後11週間と、3日
 第1子:きゅう君   1825g (昨日比:+ 5g)
 第2子:アイちゃん  2105g (昨日比:+ 0g)
 第3子「ダイゴ」   1880g (昨日比:+ 0g)

|

「ウタリ」→きゅう君

「ウタリ」の名前が、決まりました。
「きゅう」君と言います。
将来は、アジリティを・・・と言うことで、ボダーコリーならぬ「トイ・ボーダー」と、期待されていますが・・・お応えできるかナぁ・・・。

W20070426dsc02889








リリママさんが、5パピを連れて、旅の途中で、寄ってくださいました。

W20070427dsc02848 
W20070427






  *今日の体重*  生後11週間と、2日
 第1子:きゅう君   1820g (昨日比:+ 0g)
 第2子:アイちゃん  2105g (昨日比:+ 5g)
 第3子「ダイゴ」   1880g (昨日比:+40g)

|

初めての、お客様。

仔犬たちにとって、初めてのよその人・・・でも、一緒に写真を撮るのは無理でしたが・・・。

W20070403dsc02110

  *今日の体重*  生後7週間と6日
 第1子「ウタリ」 1250g (昨日比:+ 0g)
 第2子「ピリカ」 1375g (昨日比:+40g)
 第3子「ダイゴ」 1325g (昨日比:+30g)

|

「さくら」おばあちゃんの、受難

昨日の春分の日は、久しぶりの、暖かい日でした。

W20070322
那須のお蕎麦屋さんで、お昼ご飯を食べ、そこのドッグランで、遊ぶ犬たちです。
もちろん仔犬たちは、家で、お留守番です。
「あおい」にとっては、出産後、初めてのドッグラン。
リフレッシュできて、それはそれは楽しそうでした。


*今日の体重*  生後6週間と、1日
 第1子「ウタリ」  980g (昨日比:+25g)
 第2子「ピリカ」 1015g (昨日比:+ 5g)
 第3子「ダイゴ」 1065g (昨日比:+20g)


それから、家に戻って、犬を置いて、私たちは買い物に出かけました。
夕方、ふたたび家に戻って・・・ええっ?!

あわてて、獣医さんに駆け込んで・・・治療した後の「さくら」です。

W20070322dsc01610W20070322dsc01617W20070322dsc01619



私たちが留守中、「さくら」の身に、何が起きたか・・・。

****************************************************

ところで、子犬達のおばあちゃんの「さくら」は、8歳です。
今まで、歯石取り以外、病気で病院へ、かかったことはありません。
もちろん、ワクチンや、出産時には、スメア検査やエコーやレントゲンを撮るために、幾度となく、獣医さんには通ったのですが・・・。
ともあれ、とても元気でしたが、8歳になったとたん、乳房に5㎜ほどの、小さなしこりを発見。
精密検査により、「良性」と言うことで、・・・しこりのある場所も、動くのにさしさわりがないので、経過を見る事にしました。
一応、1ヶ月に1度くらい、診ていただいています。

さて、昨日、何があったか・・・。

私たちが、買い物から帰ってみると、「さくら」がやたらとお尻を気にしていました。
見ると、肛門のすぐ横に、切ったような傷があり、腫れていました。
出血はしていませんでしたが、痛々しい。

これは大変だ!と、かかりつけの獣医さんに電話をするも、祝日で休診。
白河市内の獣医さんに電話するも、みな、休診。
明日でも大丈夫かなぁ・・・。と、不安をかかえつつ、那須の獣医さんに電話すると、・・・良かった!やっていました。

30分後、・・・病名は、「肛門周囲瘻」でした。
抗生物質で、治る場合もあるので、まずは投薬治療をして、それで、治らなければ、手術をすることになりました。

ところで、私は、いつも犬を自宅でシャンプーし、そのとき、肛門腺を絞ります。
調度、数日前、シャンプーをしたのですが、その日は、あまりに寒いので、スピーデイーに終えたくて、肛門腺を絞りませんでした。
ああ、よりにも、よって・・・。
多分、その時は、触ればわかる大きさだったろうと言うことでした。
つまり、そのときなら、穴があいていなかったわけで・・・とても悔やまれました。

今まで、よく耳にした、肛門腺のトラブルの兆候・・・お尻を地面にこすり付ける行動は1度も見た事もなく、また、あまりお尻を気にしたりはせず、ウンチの状態も普通ですし・・・特に、お尻は臭いわけでもなく・・・また、よく食べよく飲み、元気に走り・・・いつもの「さくら」でした。

今「さくら」は、カラーをそれほど嫌がらずつけ、・・・相変わらず良く飲食し、ウンチも◎。
ただ、他の犬達が、このカラーなるものを不思議がって、やたら関わってくるのが、うっとおしくてたまらないらしく、ブランケットなどにもぐって非難したがっています。

実は、「さくら」は家では一番自己顕示欲が強いので、何かあればしつこく主張すると思っていていて・・・また、私も、彼女と同じく、彼女自身を、まるで人間だと勘違いしていて・・・しかし、やはりそこは、しゃべれない動物のこと・・・強く、反省しています。

|

マット

友人のNさんから、マットをプレゼントしていただきました。
早速、仔犬たちは、子犬用のマットで、大人たちは、大人用のマットの上で、写真を撮りました。

W20070317dsc01263








W20070317_1

仔犬たちは、なかなかじっとしてくれませんから、何枚かシャッターを切りました。
使えない写真を消去する前に・・・編集してみましたヨ。




 *今日の体重*  生後5週間と、3日
 第1子「ウタリ」 875g (昨日比:+30g)
 第2子「ピリカ」 905g (昨日比:+30g)
 第3子「ダイゴ」 985g (昨日比:+30g)

|

家族

子犬たちの、家族です。
続き柄は、「子犬」からの、関係です。

5匹、皆一緒に、楽しく賑やかに、そしてのんびりと、リビングで暮らしています。


Dsc00112a

いずれ、子犬たちも、リビングで、一緒に遊ぶことでしょう。(*^_^*)

|