奇跡の犬「ゆり」、永眠しました

5月25日午前9時46分、「ゆり」が、その17歳10ヶ月9日の一生を終えました。

お茶目で、可愛い「ゆり」でした。
12歳からの闘病、大病に打ち勝った勇敢な「ゆり」でした。

Blog2018529yuridsc09014j

しかし、この頃では、「ゆり」の体は、(心臓だけが、比較的良好でしたが、)他の五臓六腑は、悪いところだらけで、もはや、満身創痍でした。

「認知症」の症状も出ていた5月5日、1~2分ほどの「てんかん」発作をおこしました。

それは、「ゆり」にとっても初めて、私達も初めての事で、驚きました。

薬を処方していただき、その後、意識を失うほどの発作はおこしませんでしたが、日に日に足腰が弱くなりました。

5月21日、強く痛がり始めました。

痛みを抑える事を第一目標とし、かなり強い薬を用いる事にしました。

それは、副作用も強く、腎臓にも、かなりの負担ですが・・・眠るばかりとは言え、「ゆり」は愁眉を開いて穏やか。

まるで、すこやかに、良く眠る赤ん坊のよう・・・。
不思議と、何故か和やかな幸せを感じる・・・。

時々目覚めたとき、少しの食餌と飲み薬などをあげて・・・。
24日からは、何も食べられなくなりましたが・・・静かに穏やかに眠ったまま、あの世に旅立ちました。


   春の露 犬覆う土の 蒼きつや


兄「ドル」が、昨年の5月24日に他界しましたから・・・あれから、調度1年。

プリザーブドとは言え・・・あのとき頂いたお花も、まだ美しいのに・・・。

Blog2018529dsc05544


   ______________________________________________________ 
   
↓↓↓にほんブログ村に参加しています。
この記事が面白かったら、クリックしてね。!

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  

| | コメント (10)